ブログ

カテゴリー [ ブログ ] の記事一覧

巻き爪の原因と再発の危険性

巻き爪とはあ 足の親指の爪が変形して皮膚に食い込んで痛みが出てしまう症状です。 
原因は色々な説があります。
遺伝、運動の仕方、靴、などどれも確かに原因の一つにはなりえます。

 

113002

運動不足も原因?

 

最近の研究では運動不足も巻き爪に関係あると言われています。
今まで歩きすぎると巻き爪になるとは言われていましたが実際はお年寄りや、
事務職であまり歩かない人も巻き爪が多いのです。
これは歩きすぎよりも運動不足が原因という例です。

 

 

人間はある程度の負荷がかかる事で生活をしていけるようにできています。
膝や股関節なども重力を受けることで中から関節液という潤滑油が出てきてスムーズな
行動が可能になります。

 

負荷のかけ過ぎはいけませんが、必要な負荷もあると言う事です。
爪に関しても歩くことで下からの圧力がかかる事で爪が正しい状態を
維持できるようになりますが、この圧力がかからないと上からの爪の力で
食い込むように皮膚に入ってきてしまうのです。

 

 

人間は歩くようにできているのです。痛みが酷いときは無理は禁物ですが、
ある程度の運動は必要です。きちんとしたバランスでしっかり歩くようにしましょう!

 

 

爪だけの問題じゃない?

 

さて巻き爪は爪だけが原因ではありません。
先ほどの歩行や靴も結果として爪の変形を生む要因ですが
人間は体を無意識に庇うようにできています。
バランスをとることで生活ができるのです。
ですから内蔵やほかの部分をかばった結果、爪が変形したり痛みが出ることもあります。

 

 

例えば胃が痛いと前かがみでおなかを抑えるように
無意識に反射といって痛みを軽減しよう楽になろうという意識が働きます。
これがずっと続くと自分では戻せないようになってしまうのです。
これが歪みです。そうなると弱いところに痛みや症状が出てきます。
腰が悪い人は腰に、肩が悪い人は肩に、爪が弱い人は爪にでてしまいます。

 

 

 

これは巻き爪に限らず、O脚や外反母趾、肩こり、腰痛ほかの症状すべてに当てはまること
です。ですから痛みの部位だけでなく全体を見るという事が大切になります。

 

 

巻き爪の調整法

巻き爪の調整法は大きく分けて3つあります。

 

病院での手術 鬼塚式、フェノール式
爪を手術で切断して皮膚を縫い合わせたり、薬で爪が生えてこないようにする方法です。
矯正力は大きいですが、痛みを伴ったり、再発の可能性があるのがデメリットです。

 

プレート

プレートをつけて爪を補正する方法です。
見た目は一番目立たないのですが、これも再発の可能性があるのがデメリットですが
痛みは無く手術よりは自然に近い形で矯正することができます。

 

 

ワイヤー法

小さな金具のワイヤーで食い込んだ爪を引っ張って持ち上げる方法。
痛みも無く一番再発がない自然な方法です。
見た目が少しプレートよりも目立つのが唯一のデメリットです。

 

 

矯正後からの痛み

 

さて矯正をするということはどういうことかと言いますと
歪んでいた状態から正しいバランスに変化させると言う事です。
今までとは違うバランスになるということは、普段使っていない筋肉を使ったり
関節を動かして負担がかかったりということが起こる事があります。

 

靴を変えたら体の調子が悪くなったという方はいらっしゃいませんか?
これは靴を変えた事で歩き方やたち方に変化が起こり、足から上に不調が現れる現象です。

 

矯正をすると同じように好転反応という現象が起こる場合があります。
これは良くなるためにバランスが変わり一時的に体に不調が出るという現象です。
この場合は良くなる過程で出るので基本的には問題ないのですが
問題はバランスを変えた事で悪くなる場合です。

 

 

これは手術をしたときなどに顕著に現れます。膝を手術したら膝の痛みは治まったが
こんどは腰や肩などに痛みが出るようになったなどということがあります。
手術は特に急にバランスを変えるのでこういった症状が出やすいですし、
またメスを入れたところは戻すことができないので注意が必要です。

 

 

ですのでまずは体を切ったり、縫ったりしない
自然なものから始めてどうしても変わらないときに
手術をする順番をお勧めします。それの方が後々後悔せずに
良い状態をキープすることができるからです。

 

 

体に負担の無い矯正法

 

先の巻き爪の矯正に話を戻しますと、
手術以外のワイヤーやプレートはメスを入れないので
より自然な調整法と言えます。また同時に
体全体のバランスを見ながら調整することが再発を防ぎ、
他に負担をかけないための一番効果的な方法といえます。

 

体全体のゆがみを見ながら細かい調整をしていく。
これが本当に負担無く根本的に治していくために必要なことなのです。

 

 

巻き爪から開放されて快適な生活へ

痛みがあると無意識にかばったり、痛い部分を意識しすぎたりしてしまい
快適に生活することができません。人には必ず良い状態に戻ろうとする
力自然治癒力があります。地道に努力をすれば必ず元の痛みの無い生活へ戻れることでしょう!

 

【巻き爪と、爪の簡単豆知識】

☆はじめに、爪に関してお話しをします。

 

爪はケラチンというたんぱく質からなる皮膚の一部です。骨や歯のようにカルシウムで出来ていると思っている方も多いかもしれませんが、実は髪と同じ分類になります。

髪の毛は軟ケラチンを成分に構成しております。

 

年齢などで個人差はありますが、手の爪は1ヶ月で約3ミリ、足の爪は約1.5ミリ伸びます。

 

つまり、足の爪のほうが伸びは遅いのです。そのことにより、思い余って深爪をしてしまうと回復するまでに非常に時間がかかってしまいます。要注意をしなくてはなりません。

 

 

☆次は巻き爪に関してです。

 

一般的にいわれる巻き爪は、大きく分けると2つです。

 

ひとつは、爪が巻くことで、指の内側の部分が圧迫されて痛みが出る巻く爪。

もうひとつは、爪の切り残しや鋭角な爪が皮膚に刺さることによって痛みや炎症を伴う陥入爪。

しかし、この2つの症状が同時に起きることもあり、その際は当然両方の痛みが起こってしまいます。

 

ただし、見た目に反して痛々そうに見えても、全く痛みがないこともあります。

例えば、爪が渦巻状になっている状態。見るからに非常に痛そうに思えてしまいます。しかし、その状態になっても全く痛くない人も沢山いらっしゃります。

 

つまり、巻いているからといって必ずしも痛みがあるというわけではないということです。

 

巻き爪は痛みがないと何もしないという方が多いと思います。しかし、巻き爪自体に痛みがなくても、巻き爪が原因で腰痛や肩こりなど多種多様な症状が起きてしまうのも事実です。

 

実際に、他の治療院や幾つかの病院で腰痛治療を長年されてこられた方の中には、当院の巻き爪治療で腰痛が完治した方も事実数多くいらっしゃいます。

 

☆最後に・・・

 

巻き爪であっても痛みがないからといってそのままにしておく事はお体にとってよいことでは決してないことが分かります。直ぐにでも治療をお勧め致します。

こんなのもあるの?爪のトラブル!

みなさん爪のトラブルといえば何を思い浮かべますか?

大抵の方は、巻き爪と答えると思います。
しかし、実は爪のトラブルには巻き爪を筆頭に色んなものがあるんです。

自分の爪の形や色に違和感はあるものの、これが病気なのか分からないという人もいるかもしれませんね。

しかし、自分が見舞われているトラブルに気付かないのはとっても怖いことです。

今回はそんな爪のトラブルのことをしっかり知っていただきたいので、どのようなものがあるのかご紹介していきます。

top

爪はなんのためにあるの?

皆さん爪はなんのためにあるかご存知ですか?

え、なんとなくあるのではないの?と思う方もいるかもしれませんね。

しかし、私たち人間の体にあるものは何かしらの役割があるからこそ着いているものであり必要ないものなどないのです。

では実際、爪の働きは何なのかというと、主な働きは次の4点です。

①指を保護する

②指の力を強くする

③指の触覚を鋭くする

④指の働きのバランスを取る

爪にはこのような役割があります。

ではもし、爪が無かったらどうなるのでしょうか?

例えば、手の指に爪がなかったら、指先に力が入りません。物をつかむことや、細かい作業が出来なくなってしまうのです。

では、足の指に爪がなかったらどうなるのでしょうか。

歩くときにつま先に力が入らず、足で地面を掴んだり、うしろに蹴ったりすることができず、バランスも崩れて、転倒しやすくなるでしょう。

足の爪とはとても小さいものですが、立ったり歩いたりするのに欠かせないとても大切なものなのです。

 

爪のトラブルの種類

爪のトラブル(爪病変)は大きく分けて4つあります。

多い順に
①巻き爪 ②陥入爪 ③爪白癬(爪水虫) ④肥厚爪

となります。

巻き爪以外聞きなれないものばかりですね。
一体どんな爪病変なんでしょうか、それぞれの特徴についてご紹介していきます。

 

 

①巻き爪

巻き爪、これは、皆さんよく耳にする言葉ですよね。

巻き爪の特徴としては、爪の端が内側にくるっと巻いて、爪がアルファベットの「C」状になったり、さらにひどくなると「O」状になります。

巻き爪になる原因としては、主に外反母趾や合わない靴の圧迫によって起こります。

さらに間違った爪の切り方も巻き爪となる要因となるのです。

巻き爪は普段は痛みがなくても、運動したり、長時間歩くことで靴が当たり痛むことがあります。

 

 

②陥入爪(かんにゅうそう)

陥入爪は巻き爪と同じく位、発症率が高い爪病変です。

陥入爪の特徴としては、爪が皮膚に食い込んで炎症を起こしているため、痛みがあり、赤くはれたり肉芽が盛り上がる状態です。

この陥入爪の一番の要因は「深爪」です。

爪を短く切りすぎると、爪が伸びてきたときに爪の押さえがきかなくなり、皮膚の軟部組織が上に隆起してきます。

すると、伸びてきた爪が軟部組織にぶつかって傷をつくり、陥入爪になってしまうのです。

 

③爪白癬

爪白癬とはいわば、爪の水虫です。
日本人の10人に1人は爪白癬をもっているといわれるくらい多い病気です。

特徴としては、爪が変色し、縦じわやでこぼこが目立つ状態となることです。

爪の水虫ではありますが、爪白癬はかゆみがなく、最初は爪の表面が黄色や褐色に変色していきます。

そして縦じわやデコボコが目立つようになり、やがて爪が白濁し、厚くなって、内部が空洞になっていくこともあります。

 

 

④肥厚爪

肥厚爪とは、その名のとおり爪が厚くなる病変であり、「厚硬爪甲」と「爪甲下角質増殖」の二つのタイプに分かれます。

①厚硬爪甲
爪全体が上に重なり、厚く、硬くなった状態のことです。

特徴としては、爪の色が混濁し、灰色から茶褐色、黒、緑色に変色していきます。

主な原因としては外傷によるものですが、深爪も原因となる事があります。

この厚硬爪甲を放置すると、爪が鉤型に湾曲してしまう恐れがあり、爪がカタツムリの殻のように爪が膨らみ、爪が前ではなく、後方へ向いてしまいます。

②爪甲下角質増殖
読んで字のごとく、爪の下の角質が増殖し爪底から爪が押し上げられ厚くなっていく状態のことです。

特徴としては爪と爪底との間にボロボロした角質がたまっていきます。

爪甲下角増殖は、爪白癬からなってしまうことが多く、窮屈な靴など、外部から強い圧力が加わったりした時にも起こります。

さらに、5指すべての指に発症する可能性がある病変でもあります。

 

rast

 

爪のトラブルについて紹介して行きましたが、あなたにあてはまる症状はありませんでしたか?

一番は爪に病変が現れる前に気付きケアをする事が大切です。

しかし、もし発症しているのであれば、自分自身が一体どのような病変が発症しているかというのを知る事が大切になります。

この記事を読まれたあなたも、自身の症状気付くきっかけができたと思います。

症状に気付けた今、ケアもしっかりしていきましょう。

☆巻き爪・陥入爪について・・・

☆巻き爪・陥入爪について・・・

 

長時間歩いた時や、

ヒールの高い靴を履いた時や、

つま先の細い靴を履いた時、

うまづいて思わず、足先に力を入れたとき、

足の上に物を落としたり

足を踏まれたり、

 

巻き爪は本当に辛い痛みが伴いますよね。

膿んだりすれば、それはそれは想像にもならないほどの強烈な痛さになります。

陥入爪で大変な思いをされた方から、こんな話しをよく聞きます。

 

しかし、多くの方がこれらの苦しみから解放されています。

どうやって開放されたかは、巻き爪・陥入爪の原因や治療法をまた別の章でご紹介致しますので乞うご期待を。

 

☆巻き爪・陥入爪とは・・・

 

陥入爪とは、主に足の爪の角や側面が皮膚に食い込んで痛くなるものです。

そのままでも歩くのが辛くなりが、細菌感染を起こすといっそう痛みが酷くなります。

爪の曲がり方が酷い場合は、巻き爪といいます。

 

☆原因・・・

足に合わない靴を履く、つま先をぶつける、つま先に力がよりかかるなどがあります。しかし、第一の原因は深爪になります。

 

爪の両端をきれいにカットしようとして、必要以上に爪切りを無理やり爪の中のほうまでねじ込んでカットしていませんか?

実は、家庭用爪切りでは、爪の端っこまで完璧にカットすることが出来ません。

 

無理やりねじ込んでカットしても、端が棘上になり実は残っています。

この棘が皮膚に食い込んで、とんでもない痛烈な痛みを伴います。

 

皮膚科以外の医療機関を受診すると、食い込んでいる爪をカットされます。

一時的には、痛みは治まります。化膿も治まります。しかし、陥入爪の第一の原因は深爪です。

よって、食い込んでいる爪をカットすることは、よくない状態をより悪化させる行為の深爪になるのです。

その時は、一時的によくなっても、後々爪が伸びて来た時にもっと酷いことが起こるのです。

 

今回はここまでのご紹介とします。

 

 

どうして巻き爪になるの?

top

今、現代では若者だけでなく、小さな子どもからお年寄りまで巻き爪が多くなってきています。

自身が巻き爪であることに気付いている人もいれば、気付いていない人がいるのもまた現状です。

しかも、巻き爪による痛みで泣くほど苦しんでいる人もいれば、全然痛みもなく平気~っという人もいるのがこの巻き爪の不思議なところです。

「普通に生活しているだけなのにどうして巻き爪になるのーー!!」
そんな風に叫びたい人もいるかもしれませんね。

今回はそんな、気になっている人のためになぜ巻き爪になるかをご紹介します!!

 

巻き爪ってどんなもの?

巻き爪とはどのようなものなんでしょか?

多くの人々が知っている症状は爪が周囲の皮膚に食い込んで痛みが生じるものですね。

さらにその症状がひどくなると、爪が爪床の皮膚を挟み込むようにして「のの字」型に巻き込み、持ち上がってしまうこともあります。

人によっては痛みが出ていない人もいますが、爪は伸びていくもので何も対処をしないとどんどん爪は伸びることに周囲の皮膚に食い込んでいき、いずれ痛みを生じるようになってしまいます。

 

巻き爪になる原因

では、なぜそんな痛みを生じる巻き爪になってしまうのでしょうか?

原因は下記のものが挙げられます。

・合わない靴
 窮屈な靴を履いていると、爪が両端から押されるので、皮膚を挟み込むように内側に巻いてしまいます。

・間違った爪の切り方
 深爪など、間違った爪の切り方で爪の両端を深く切り込んでしまうと、爪の角が皮膚に埋もれてしまい、地面を踏みしめたりすることで下からの強い力がかかった時にその力に対抗できず、爪が食い込んでいってしまいます。

・足の変形(外反母趾など)
 外反母趾など足に変形があると、爪は横や下からの圧力を受けやすくなり、爪に覆いかぶさるように軟部組織が厚くなります。それに押されて、爪が内側に巻いていくのです。

・指への打撃(重いものが直接指の上に落ちてくるなど)
 足や爪に直接打撃が加わると、爪周辺の皮膚が炎症を起こし、皮膚が盛り上がり巻き爪となります。

・水分量の低下
 体の水分が少なくなると、爪が硬くなります。乾燥した爪は縮むため爪の下層の柔らかい部分を巻き込み、巻き爪となっていくのです。

・巻き爪になりやすい体質の遺伝
 顔のつくりや骨格同様に、爪の形状も遺伝するため巻き爪になりやすい体質は遺伝します。

 

フットケア方法

巻き爪になるには様々な原因があるのが分かりましたね。

あなたは思い当たる原因はありましたか?

こんなにも沢山の原因がありますが、予防策はあるのでしょうか?

ほとんどの場合は普段の生活習慣から巻き爪のような足のトラブルを引き起こしてしまいます。

ということは、普段からのフットケアが大切になるということです。

フットケアには6つのポイントがあります。

①綺麗に足を洗う。歯ブラシを使って、爪の周りも綺麗に洗浄する。
足を清潔に保つことは、あらゆる足の病変を予防する第一歩です。軽い炎症程度であれば、足を綺麗に洗っているうちに改善していきます。

直接石鹸をつけるのではなく、よく泡立てて泡で汚れを取るようにします。

歯ブラシを使う際は、軟らかい歯ブラシを用意し、よく石鹸を泡立てて、爪やその周り、足裏の指のつけ根などを洗います。

②しっかり水分を拭き取る。拭き残しに注意する。
水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発する時に熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。

さらに指の間に水分が残っていると不衛生になり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。

お風呂から上がった時は、よく乾いた清潔なタオルで指と指の間、爪のまわりなども丁寧に拭き取ることが大切です。

③足を保湿する。爪も十分に保湿する。
お風呂上りの足は大変乾燥しやすく、足のトラブルの原因になります。皮膚がしっとりとしているうちに、保湿効果の高いワセリンや尿素入りクリーム等をつけて保湿しましょう。

④爪を正しく切る。
正しい爪の切り方は「スクエアカット」といいます。

爪を四角に切り、爪の指の先端か、それより少し長めの位置でまっすぐに切り、両端をヤスリでやや丸く整えます。

⑤正しい歩き方、正しい姿勢を身につける。
歩いたり立ったりする動作は、毎日のことです。小さなくせでも、それが毎日積み重なると結果として大きな障害につながります。

私はまだ若いから大丈夫と思っている人もいるかも知れませんが、、悪い癖はすぐに直さないと手遅れになってしまいます。

⑥自分に合った靴を選ぶ
靴の選び方
・足先にゆとりがある
・甲周りが合っている
・かかと周りが合っている
・指のつけ根が曲がりやすい

 

rast

いかがでしたか?

巻き爪になる原因はさまざまでしたね。

しかし、日ごろからしっかりとフットケアをしていれば巻き爪の予防にもなります。

今回ご紹介した方法をぜひ実践して、巻き爪にならないようにしましょう!

私が巻き爪になった本当の原因は何?

私が巻き爪になった本当の原因は何?

 

【自分が巻き爪になった理由を考えてみよう】

 

あら~、とうとう本格的な巻き爪になってしまったぁ。一体どうして?何故自分が?何が原因で巻き爪になってしまったのだろう?巻き爪になっている人であればその様に思ったことが少なくとも一度や二度はあるとことでしょう。

 

ここでは一般的に巻き爪になる原因を紹介しながら自分はどのパターンに当てはまるのか?を考えて欲しい。

 

原因ごとに予防や対策などを検討していきましょう。

 

では、世間でいわれる巻き爪の原因からスタートしていきます。

 

■まず、女性のハイヒール、パンプスなどが該当するでしょうね。

 

■立ち仕事や肥満による体重不可による圧迫。

 

■そして、水虫によっての爪の変形。

 

 

【ぎゅうぎゅうの靴で大切な爪を圧迫】

 

これは、女性に当てはまるかな。

 

ハイヒール・パンプス・きつめのストッキングなどを履くと、実は爪は苦しい~と言って凄くもがいています。とは言っても、その悲痛の声は聞こえませんけどね。

 

因みに、これらの履物は巻き爪だけでなく、外反母趾にもなりやすくなってしまうんですよ。

 

とは言っても、仕事などでどうしても履かないといけないという事情の人もいますよね。そんな人は、きちんとした正確な対策が必須になりますよね。

 

☆例えばハイヒールが合わないと・・・

■かかとがブカブカ編・・・重心が安定せず足先に負担

■つま先が圧迫編・・・外反母趾・ハンマートゥーを誘発

■足先の付け根で踏ん張る編・・・浮き指を誘発

 

ちなみに、私は男性なので、このような履物を履いた経験はないので、別に問題(原因)があると思われます。

 

サイズの小さな靴を履き続けると爪は圧迫されるので、男性も靴選びは念入りに行いましょう。

 

 

【長い時間、立ったままでの状態。例えば、長時間の立ち仕事など】

 

長時間の立ち仕事でも巻き爪になることがあります。足に過度な負担がかかるからですよ。

 

でも、これって本当なんでしょうかね?

 

立ち仕事の人なんて世の中、星の数ほどいますよね。

ついでに言えば、立ち仕事でなくても、

運送業の方

営業で凄く歩く方

登山家

 

世の中には立ち仕事以上に爪に強烈な負担をかけているお仕事をしている方がわんさかいるじゃないですか?

 

だとしたら、重たい荷物を持ってそのままガンガン走ったりする運送業の方なんてみんな巻き爪になりますよ。でも、そうではないですよね。

 

まぁ原因として挙げられているから何かのデータがあるんでしょうが。

 

例えば小さい靴を履いての立ち仕事とか、肥満体重での立ち仕事とか、その原因が複合的に絡み合っているのかもしれませんね。

 

立ち仕事が原因でと言われても転職は出来ないですよね。

 

ただ、学生時代から巻き爪ですし仕事もデスクワークなので、この原因には当てはまらないです。

 

 

【ん~、水虫が原因で爪が変形】

 

実は、水虫が原因で巻き爪になることもあるんですよ。

 

いわゆる、爪水虫というものですね。

 

しかし、これが原因ならば水虫さえ完治させれば巻き爪も矯正出来ますし、割と簡単なのではないでしょうか。

 

まず皮膚科で水虫治療に入りましょう。

 

 

【肥満による体重増加】

 

体重が重たい方は足にかかる重力も大きくなるので、そうすると巻き爪の原因となるそうです。

 

肥満と言ってもピンからキリまであるので、どのくらい肥満であれば、巻き爪の危険があるか分かりにくいですね。

 

肥満でも巻き爪でない方を何人も知っているので、一概には言えないと思うのですが、

 

理屈上肥満の人はみんな巻き爪でないと、つじつまが合わないと思うんですが。。。

 

因みに私は昔から超がつくほど痩せ方なのでこれも該当しません。

 

 

【長時間のスポーツによる爪の圧迫】

 

先ほど、運送業で指摘しましたが、やはりスポーツや運動による指への負担が原因になるようです。

 

スポーツの種目、負担時間にもよるのですが、私の場合はここに該当すると思われます。

 

私は子供の頃から剣道を習っていました。

 

剣道という競技は技を相手目掛けて繰り出すたびに大きく足をどーーーーんと踏み込まなくてはならないのです。

 

地面はもちろん硬い床。

 

そこに素足でおもいっきり全体重をかけて踏み込むスポーツです。

 

肥満の体重とか、立ち仕事とか、そんなレベルじゃない負荷が親指の爪にかかり続けます。

 

幼少時代に何年もこの負荷をかけていたわけですから、それが原因と考えてまず、間違えなさそうです。

 

その他のスポーツでも、相撲やあ野球のピッチャー、柔道やテニスもそういった踏み込みがあるスポーツではないでしょうか。

 

 

【まとめ】

一口で巻き爪といっても、巻き爪になる理由は、その人その人それぞれです。さて、あなたの巻き爪になった理由は一体なんでしょうか?もう一度、考えてみてはいかがでしょうか?

意外に多い!? 子供に多い巻き爪の原因と対策

31166b44896b725d14b63eaba39a5011_s

最近、子供の靴下の指の辺りに血がついていたり、膿が出たのか白い靴下が変色していたらそれは「巻き爪」かもしれません。

部活動や体育など身体を動かす機会の多い子供は大人に比べて運動量が多いため、「巻き爪」になることが多いんです。また、巻き爪でも比較的軽いものから歩くのも痛みが出てくる重いものまで様々ですが、子供は巻き爪という言葉を知らないので気付いたら重症化していたということもあります。

今回は「子供」の巻き爪についてお伝えしていきます。

子供の巻き爪は意外と多い

巻き爪と聞いて、大人の女性が多い印象がありますが、実は子供も意外と多いんです。

なぜ子供の巻き爪が多いかというと・・・

■大人に比べて運動量が多い
■正しい爪の切り方を知らない
■上履きやシューズが合っていない
■爪が柔らかい
■歩き方が悪い

このように6つのなりやすい特徴があります。その特徴をお話する前にそもそも巻き爪とは何なのかを改めて簡単にお話します。

巻き爪とは

巻き爪とは、足の指の爪の両端が内側に湾曲して食い込んだ状態をいいます。
巻き爪になるのは基本的には親指が多いのですが他の指もなることがあります。

巻き爪は爪が湾曲していて肉に食い込んでしまうので、見た目も悪く、痛みや出血も伴うことが多々あります。

それでは先ほどの上げた子供が巻き爪になりやすい特徴を一つづづ解説していきましょう。

■大人に比べて運動量が多い

子供は大人に比べて比較的運動量が多くなります。部活動や体育の授業など身体を動かすこともあります。巻き爪になりやすい特徴として、足に強い圧力がかかるとなりやすいという特徴もあります。

それに、子供は大人に比べて筋肉の発達が発展途上にあるため、うまく足の筋肉を使えてない可能性もあるため爪が巻いてしまうことが多いのです。

■正しい爪の切り方をしらない

足の爪を切るときに、白い部分を全部切ってしまうという人も多いですが、そのやり方だと深く切りすぎるのと、一番悪いのは角を切って丸くしてしまうという切り方です。

巻き爪の場合、爪が湾曲いて肉に食い込むので、角を切って食い込まないようにしても、一過性の対処に過ぎず、なおさら爪が食い込むようになり、また角を切って悪循環を繰り返してしまいます。

■上履きやシューズがあっていない

子供の成長は早いものです。成長期の子供さんの靴が小さくなってしまっているのにもかかわらず無理して履いているかもしれません。また、最近の通学のシューズもデザイン重視の傾向があり、足にあっていないにもかかわらず履いているということもあります。

■爪が柔らかい

子供の爪は柔らかく、伸びが速いため、湾曲しやすく食い込みやすい状態にあります。

■歩き方が悪い

子供はまだ筋肉が未発達の部分があり、歩き方も大人に比べて安定していません。今の子供は昔に比べて筋肉が少ない傾向にあり、それもまた巻き爪を助長させています。

このように6つの特徴がありますが、子供の巻き爪の重症化の原因の一つとしてすごく基本的な部分になりますが、そもそも、自分の足の異常が「巻き爪」ということを知らない。ということが考えられます。 

子供ですから、そこまでの知識がありませんので、せいぜい爪が巻いてきているので巻いている部分を切ってみよう位のことしか思いつきません。なので悪循環を招き重症化してしまうのです。

外科では巻き爪をどうやって治療しているのか

あまりに酷い巻き爪の場合は病院に行く場合が多いかと思います。では病院では巻き爪をどのように治療しているのかをご紹介しましょう。

様々なやり方があるでしょうが、手術という手段があります。しかし、安易にするのは禁物です。手術をしてもまた巻き爪になってしまうという方も多いのです。予後の状態などを確認することが大事です。

早めの対策が大事です

子供の巻き爪についてお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか。

巻き爪は今は大人も子供もなりやすい、しかも巻き爪予備軍を入れると子供の半分以上は巻き爪ではないかと思うくらい多いのです。

まずは子供さんに巻き爪を認知してもらうことからはじめてもらい、もし巻き爪になっていたら早く対策をとりましょう!

顔面

ストップ!あなたの爪の切り方間違ってませんか!?

top

爪が伸びたらする事、そう爪切り!
伸ばしっぱなしだと危ないから皆さんもちろん爪を切りますよね!

少し長めに切る人、深爪する人、丸く切る人、爪の切り方は様々です。
女性の場合、ネイルをしたいからそんなに切らずに形だけ整えて伸ばしている人もいるかもしれませんね。

しかしちょっと待ってください。
あなたのその爪の切り方間違っていませんか?

間違った爪切りを続けると、将来大変なことになるかもしれません。

今回は、正しい爪切りの方法、そして間違った爪切りの方法を紹介します。

 

間違った爪の切り方が起こすこと

爪の切り方には、正しいものと間違っているものがあります。

そんな、自分の爪くらい好きなように切らせてよ!
っと思う人もいるかもしれませんね。

しかし、間違った爪の切り方をしていると「巻き爪」や「陥入爪」の原因となってしまうのです。

巻き爪とは、爪の端が内側にくるっと巻いてしまう状態になることです。
第1指に起こることが多く、アルファベットの「C」状から、さらにひどくなって「O」状になる事があります。

陥入爪とは、爪が皮膚に食い込んで炎症を起こしている状態になることです。
肉芽が盛り上がってたり、炎症がひどくなったりしてしまいます。

どちらも、、強い痛みを伴い、日常生活に支障をきたす人もいます。

自分の爪の切り方でこのようになってしまうのは恐ろしいことですね。

 

 

間違った爪の切り方

では実際、どのような爪の切り方が間違っているのでしょうか?

例えば、学校や会社などで身だしなみのチェックが入るとします。
爪もしっかりきれいに切ってくること!

そういわれると皆さんは、指の形にそって丸く、一律の長さで切りそろえることでしょう。

そして、そのしっかりとキレイに指の形に切りそろえられた爪を確認されて身だしなみチェックにオッケーがもらえることでしょう。

しかし、じつはこれが間違いなのです。

見た目が綺麗なこの爪の切り方、さらに一般に皆さんが正しいと思っている爪の切り方は【バイアス切り】といいます。

この、バイアス切りの何が悪いのかというと、爪の両端を深い位置まで切り込むことによって両端部分の皮膚がむき出しになり、肉が盛り上がってきます。

肉が盛り上がった部分に爪が伸びてくるので痛みが発生して、晴れて巻き爪や陥入爪の完成となるのです。

さらに、もう一つ間違った爪の切り方があります。皆さん耳にしたことがあるであろう【深爪】ですね。

深爪は聞き慣れた言葉ですね。読んで字の通り、深くまで切った爪のことで、簡単に言えば切り過ぎってことです。

特に足の爪を深爪にしてしまうと、爪の下の柔らかい部分が地面との圧力で盛り上がってきます。その盛り上がった肉の圧力で今度は爪が巻き始めてくるのです。

では、どの程度まで切ると深爪になるのでしょうか?

爪は肉の部分まで切ると切りすぎです。つまり、先端の白くなっている部分が少し残る程度まで切るのが一番良い長さだと言われています。

 

正しい爪の切り方

では、正しい爪の切り方をご紹介します。

【スクエアカット】これが正しい爪の切り方です。
スクエアカットどうにも聞きなれない切り方ですよね。

どのようなものかというと爪を四角く切るきり方です。この切り方は両端まで指の肉の上に爪がある状態なので、巻き爪になりにくいのです。

ポイントは下記の通りです。

①一度に切らず、少しずつ形を整える

一度に切ってしまうと長さを間違えて深爪になってしまう恐れもあるので、少しずつ四角く整えながら切っていきましょう。

②爪の端にはやすりがけをする

スクエアカットをするとどうしても爪の端が角ばってしまうので、やすりで少し丸みをつけましょう。こうすることで靴下に引っかかるようなこともありません。

 

適した爪切り

スクエアカットをするにはどのような爪切りが最適なのでしょうか。

まず、利用する爪切りは丸みのあるラウンド形ではなく、ストレートのものを選びましょう。
ネイルニッパーも便利です。

・平型爪切り
平型爪切りは切り口がとがっているので、爪が割れやすくなります。また、刃先がカーブしているものが多いので、爪が丸く切れて深爪しやすいという難点があります。

・ニッパー型爪切り
それに対してニッパー型爪切りは切れ味がよく、まっすぐ切るのに適しています。ですから、硬い爪、厚い爪、巻き爪、変形した爪など、爪にトラブルがある場合にはニッパー型の方がいいでしょう。刃先はカーブしているものではなく、ストレート(直刃)のものを選んでください。

ニッパー型爪切りで切る時は、一度に多くを切ろうとせず、爪の端から少しずつそぎ落とすように切り込んでいきます。また、爪をまっすぐ切るには、爪の先にテープをまっすぐに貼って、そのテープに沿って切るといいでしょう。

なお、ニッパー型爪切が使いにくいときは、刃先をよく見て、刃がストレートになっている平型爪切を選んでください。

 

rast

正しい爪の切り方はお分かりいただけたでしょうか?

軽度の巻き爪であれば正しい爪切りを行うことで治すことも可能ですし、予防もできますのでみなさん、爪を切る時は気をつけて行うようにしましょう!

巻き爪ってなに?

2d81f80aa7d73d0f102cd57c3ef7f9e9_s

みなさん、自分の足の爪をしっかりと見たことありますか?
見たことない人は今見てみてください!

あなたの親指の爪、指に食い込んでいたり、形がおかしくなったりしていませんか?

もしかしたら、痛みがあって自分が巻き爪であることに気付いている人もいるかもしれませんね。

逆に、巻き爪ってなに?全然分からないっていう人もいるかもしれません。

今回は巻き爪について、徹底的に説明していきます。

 

爪とは一体なんなのか

巻き爪について説明する前に、爪について説明します。

皆さん、爪って当たり前に生えてるから爪についてあまり知らないかもしれませんね。

爪って実は皮膚って知っていましたか?

爪は、皮膚の一番外側にある角質層が、ケラチンというたんぱく質に変ったものです。つまり、表皮の角質層が変化したものが、爪なのです。

爪の主な働きは下記のとおりです。

①指を保護する
②指の力を強くする
③指の触覚を鋭くする
④指の動きのバランスを取る

爪ってあんなに小さいのにこんなに重要な役割を果たしているんです。

大切にしないといけませんね。

 

巻き爪ってなに?

さて、爪が一体何なのかそして、いかに大切かお分かりいただけたと思います。

では、巻き爪とは何なんでしょうか。

巻き爪とは、足の指にある爪の両端の先端部が、強く内側に湾曲した状態になる事です。

湾曲した状態とは、爪の端が巻いてアルファベットの「C」のように内側に巻き込んだり、ホチキスの針のように直角に折れ曲がった利していることです。

巻き爪になりやすいのは、負担のかかりやすい親指の爪ですが、その他の指の爪も巻き爪になる可能性もあります。

 

巻き爪は放っておいても大丈夫?

もし今あなたの足が巻き爪であっても、痛みもないし、見た目が悪くなってしまう程度だからいいやあ~って思うかもしれません。

しかし、ちょっと待ってください!!!

痛くないから、見た目が悪いだけだから何もしなくていい・・・巻き爪を侮ってはいけません!!!

今はたとえ痛みがなくても、巻き爪が進行していくと、肉の部分に曲がった爪がどんどん食い込んで、次第に激しい痛みを引き起こすようになります。

さらに、曲がった爪に巻き込まれた皮膚が化膿してしまい、歩くことができなくなる場合もあるのです。

今は偶然痛みが出てないだけ、そんな偶然がずっと続くはずないんです。

また、痛みがではじめたら巻き爪の痛みから足をかばおうと、いつもとは違った歩き方をしてしまうために、足首やひざ、腰にも負担がかかり、捻挫やひざ痛、腰痛の原因になることもあります

あなたの爪は徐々に蝕まれていることを忘れないで下さい。

 

なぜ巻き爪になるの?

そもそもなぜ巻き爪になるのでしょうか?

一つは間違った爪の切り方が原因になります。

深爪をすることにより、生えてくるときに爪の角が皮膚に食い込みます。
その状態で歩いていると、爪がどんどん皮膚に食い込んでいき、内側にまいていってしまうのです。

もう一つは、窮屈な靴などの圧迫です。

窮屈な靴を履いていると、爪が両端から押されるので、皮膚を挟むように内側に巻いてしまうのです。

 

爪を切ること

巻き爪の痛みを取り除くために、自分で爪を深く切る人がいます。

爪を深く切り込むことによって、一時的には痛みから解放されることもあります。

しかし、爪が伸びるにしたがって、爪の巻き込みはさらに強くなり、痛みも増したり、さらには膿が出てきたりと悪循環を繰り返すようになってしまいます。

自己判断での巻き爪部分を深く切るということは悪化の危険も伴う大変危ないことなのです。

自分で何とか使用とせず、きちんと専門の機関に相談するようにしましょう。

 

巻き爪の種類

巻き爪の種類は大きく分けて3つに分かれます。

①陥入爪(かんにゅうそう)
爪の周囲の皮膚に食い込んで痛みが生じる。巻き爪の症状で一番多いのがこの種類です。

②弯曲爪(わんきょくそう)
両側性の陥入爪がひどくなったもので、爪が爪床の皮膚を挟み込むようにして「のの字」型に巻き込み、持ち上がってしまったものです。

③爪甲鈎弯症(そうこうこうわんしょう)
年配の方に多く見られ、爪甲(爪の外側の部分)が異常にぶ厚くなるのと同時に、異常に伸びてツノのような外観になってしまう症状です。
甲状腺機能低下症などの内分泌障害なども原因となります。

 

巻き爪のケアの仕方

巻き爪をケアするために、様々な治療法、市販でも沢山のグッズが売られていますね。

その中でも手軽にかつ、痛みや炎症が起こっている際に効果的なものをいくつかをご紹介します。

・テーピング

巻き爪は、爪に皮膚の軟部組織が覆いかぶさってくるトラブルです。
テーピングは爪と軟部組織にすき間をあけるケア方法です。

・コットンパッキング法

これは、痛みを緩和する応急処置法です。
脱脂綿や不綿布を米粒くらいの大きさに丸め、痛みのある詰めと皮膚のあいだにはさむケア方法です。

上記の方法は、痛みや炎症をやわらげるだけであり巻き爪を治す方法ではないので注意して下さいね。

th_th_2015821mn-335

巻き爪についてお分かりいただけたでしょうか?

普段自分の足の爪を気にすることってそんなにないですよね。痛みがないならなおさら気付きませんね。

爪はとても小さいですが、重要な役割を持っています。

そんな重要な爪が巻き爪になってしまったら、大変ですよね。

今は痛みがなくても、いずれ痛みが出てきて最悪歩けなくなる可能性もあるんです。

巻き爪になったら決して甘く見るのではなく、痛みがなくても早目の処置を行うようにしましょう。